[Namazu-win32-users-ja 1337] Re: Replace前後のpnamazu-cgi実行結果のプラウザ表示エラーへの対応方法について4

小谷行雄 kotani.ofc1 @ zc.wakwak.com
2013年 7月 31日 (水) 23:21:23 JST


寺西様

 アドバイス、ありがとうございました。


> > "C:\h-ofc-hp_up_bun\h01-1_namazu_cgi_index> namazu -l -f [NMZ.field.uri
> > "+uri: ."?]
>
> これまた何かおかしなこと書かれてますが?
> 正確にはどう入力したのでしょう。


"C:\h-ofc-hp_up_bun\h01-1_namazu_cgi_index> namazu -l -f NMZ.field.uri +uri:
."
というような入力をしていました。・・・


> > Replace	/[Cc]\|/h-ofc-hp_up_bun/public/
> 	http://www.kotani-ofc.jp/
> > と、namazurcを設定し、アップロードして、ブラウザからnamazu検索すると、
> > 検索結果の一覧表示はされますが、検索結果のリンク先は置き換えられてい
> ない。
>
> この Replace 文は本家 Namazu 用だからというのも関係するかも
> しれません。
> pnamazu は本家 Namazu とはちょっと違うという話は先のメールに
> 書いたはず。
>
>
> > # This is a Namazu configuration file for namazu or namazu.cgi.
> ...
> > Index        /cgi-bin
>
> この設定が正しくて、きちんとインデックスファイルを
> 認識していますか?
> # この namazurc は本家 Namazu 用なんで、ちょっとアレですけど。


「ブラウザからnamazu検索すると検索結果の一覧表示がされ、検索結果のリンク先も
表示される」
(また、『検索結果: 参考ヒット数・[1:62] 検索式にマッチする62 個のファイルが
見つかりました。』等
の前文コメント部分もデータ記入されて表示される)ので、インデックスファイルを
認識していると思われます。


> > 『http://park101.wakwak.com/~XXXXは、
> > wawkwakホームページサービスのホストurl(ホストアドレス)であり、"ドキ
> ュメント
> > ルート"であって、
> > その直下のフォルダ(ディレクトリ)が、"public_html"及び"cgi-bin"[他]と
> なってい
> > る。
>
> だから、その public_html, cgi-bin の絶対パスは何か? と聞いて
> いるのだけれども。
>
> >  なお、これに関して、
> > 『「http://park101.wakwak.com/~XXXX」につきましては、お客様が取得
> > された独自ドメイン「k*****.jp」にて、独自ドメインホームページを
> > 開設していただく際に、ファイルなどをアップロードしていただくため
> > の設定サーバとなります。しかしながらFTP接続を行う際のFTP情報につ
> > きましては、ホストアドレスにお客様のホームページサーバ名
> > 「k*****.jp」をご入力し、ご利用いただきます様お願いいたします。』
> > とのコメントをもらっています。
>
> それは URL の話でしょ。URL を聞いているのじゃなくて、ホスト上での
> あなたの public_html, cgi-bin の絶対パス名を聞いていたのですよ。
> # 全然理解してもらえてないけど...。
>

/public_html, /cgi-bin
ということでよろしいのでしょうか。


> >  これは、「"http://www.kotani-ofc.jp"を推奨」、ということだと判断してい
> ます。
>
> そりゃ、URL としてはそれを使うべきでしょうよ。でも、URL に何を
> 使うのかという話は今していないのだが。
> # というか、最初からそれ使うって話になってるし。
>
> >  このルートディレクトリの直下にある、上記(その中に置くことのできるフ
> ァイルの
> > 限定についての)条件を持つ、"cgi-bin"と"public_html"
>
> んーっと、そうすると、
> あなたの public_html, cgi-bin の絶対パス名は、
> /public_html, /cgi-bin で間違いないのですね?
>
> # chroot されているのでしょうかね。


おそらくそうだと考えます。


> cgi-bin の絶対パスが /cgi-bin なら namazurc の
>
> Index        /cgi-bin
>
> 行が正しく、cgi-bin ディレクトリに NMZ.* の全ファイルが丸ごと
> 入っているなら、インデックスは認識されるはずです。
>
> Replace   /[Cc]\|/pc-nmz_s_bun/public_html/ http://www.kotani-ofc.jp/
>
> と書けば、
>
> /C|/pc-nmz_s_bun/public_html/ が http://www.kotani-ofc.jp/
>
> に置換されるはずです。
> 注意点は、Replace の行にはタブを入力しないこと。
> 文字列は必ずスペース(空白)で区切ることです。
>
> > Replace	/[Cc]\|/h-ofc-hp_up_bun/public/
> 	http://www.kotani-ofc.jp/
>
> 引用元のこっちは Replace の後がタブなので、pnamazu ではダメです。
>


古川さんのpnamazuのページに、
「 pnamazu では、申し訳ないことに、replace の設定が、 大変分かりにくくなって
います。 本家同様、「"replace" 変換元 変換先」と書くことは変わり無いのです
が、
    各項をタブで区切った場合、変換は単純に文字列の置換となります。
    各項をスペースで区切った場合、変換には正規表現が用いられます。
    単純置換と正規表現置換の両方にマッチする場合、単純置換が優先されます。
    複数の単純置換にマッチする場合、最長一致したものが優先されます。
    複数の正規表現置換にマッチする場合、後に設定したものが優先されます。 」
という説明があったので、参照したつもりだったのですが、これは、pnamazu自体で
の設定のことなのでしょうか。

 また、
Replace   /[Cc]\|/pc-nmz_s_bun/public_html/ http://www.kotani-ofc.jp/
として、スペースで区切ったものを入力した結果では、
『検索結果: 参考ヒット数・[1:62] 検索式にマッチする62 個のファイルが見つかり
ました。』等
の前文コメント部分がデータ記入されて表示されます(検索式の検索語を変えると、
変更表示される)が、
検索結果の一覧表示はなされず、従って検索結果のリンク先も表示されない、
結果になってしまいます。


小谷行雄
http://www.kotani-ofc.jp



Namazu-win32-users-ja メーリングリストの案内