[Namazu-win32-users-ja 1244] Re: mknmzの処理が中断する

Toru Ishizuka ishizuka @ o-plans.co.jp
2010年 9月 14日 (火) 21:55:28 JST


お世話になっています 石塚です

> > ファイルリストを作って -F で渡すという手もあるかと思います。
> > その場合は確か File::Find を使わないで処理が走ると思うので、
> > 大丈夫ではないかと思います。
> 
>  なるほど! この作戦で対応したいと思います。
>  ご助言ありがとうございます。

 これでチャレンジしてみましたが、
 ファイルリストで指定した場合でもファイルリストの中身の
ファイルを引数にしてfind_targetが呼ばれていますね。
 本当はfind_targetの先頭で if (-f )をチェックしているの
で、ファイルリストの中身がファイルの場合は、再帰のロジッ
クには避けられそうなのですが、なぜか if (-f) がfalseになっ
たあげく、やはり挙動がおかしくなります。

 根本的に長い日本語のファイル名は扱えないのでしょうかね。。

 ちなみに、ダメなファイル名はマスクしていますが以下のよ
うな感じです。
\\srv02w\共有フォルダー\Project\OOO\○○システム○○○○\20 ○○○○○○○\01_○○○○(○○○○○○○○・○○○○・○○○○)\02_○○○○○○○○○○○○\2010○○○○\02_○○○○○○○○○○○○\2005○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○(○○○○○○○○○)\  ○○○○○○○○○○○○○(○○).doc

 途中で入っている半角ブランクや全角ブランクは実際に使用
されています。

 find_targetよばずに、ファイルリストの中身をそのままイ
ンデックスの作成対象(@flist)に代入した場合はうまく動きま
した。

-- 
ishizuka




Namazu-win32-users-ja メーリングリストの案内