[Namazu-win32-users-ja 1210] Re: Re: ML1207 Windows環境で正常動作しない?

Tadamasa Teranishi yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
2009年 9月 6日 (日) 21:22:52 JST


寺西です。

浜田 佐敏 wrote:
> 
> 》普通は pltests で動作確認するものです。
> 久しぶりなんで設定ファイルの設定が間違っていない事を確認した
> かったのです。

だから、設定ファイルの確認なんかしたいのなら総合的に確認できる
pltests でやりなさいと言っているのですが...。

> 》こちらをお読みいただいて、
> 》「Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL
> 》のセキュリティ更新プログラム」をインストールしてください。
> VS関係は、C/C++関係で使っておりますので、既にインストールさ
> れております。コントロールパネルでも確認しております。

もし、Visual C++ がインストールされているから大丈夫だとか、
自分で VC++ でコンパイルしたプログラムが動いているから大丈夫だ
とか思っているのでしたら、大きな間違いです。

ちゃんとバージョンが一致してないと無意味ですから。

コントロールパネルで確認したというのでしたら、
インストールされているものを一字一句間違いなく、提示して
みてください。

> このコメントを頂いて再インストールしてみましたが、状況は変わ
> らないですね。なお、

正しくインストールされていれば問題ないはずです。

>http://namazu.asablo.jp/blog/2009/08/09/4488130
> でWindows Updateではインストールされないとありましたが、最
> 近はMicrosoft Updateなのでインストールされます。

されません。
Visual C++ 2005 SP1 をインストールしている環境の場合は、
「Visual Studio 2005 Service Pack 1 ATL セキュリティ更新プログラム」
は update できますが、
Visual C++ をインストールされていない、ランタイムだけインストール
したような環境では自分でインストールする必要があります。
 
>  Perlの環境なんですが、少し前まで5.10.1を入れてました。
> Catalystを使うために5.8.9にダウングレードしております。その
> あたりが影響していませんでしょうか。

基本的に ppm-inst.bat でエラーになっていないなら影響していません。
ただ、ダウングレードを正しい手順で行っているならですが...。

どうみても「Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能
パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム」がインストールされて
いない症状です。
再度、正しくインストールされているかどうか確認してみてください。
それと、最初の時と症状が変わっているなら、他の原因がまだある可能性
もありますので、その辺りもきちんと確認しましょう。

ちなみに本日公開した 2.0.20pre1 のアーカイブには、
「Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能
パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム」が含まれています。
-- 
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI)  yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint =  474E 4D93 8E97 11F6 662D  8A42 17F5 52F4 10E7 D14E



Namazu-win32-users-ja メーリングリストの案内