[Namazu-win32-users-ja 1031] NMZ.warnlog生成場所変更について

Issei Nishigata duo.2029 @ gmail.com
2007年 8月 29日 (水) 17:11:56 JST


斎藤と申します。


業務用にNamazuの導入を考えています。


以下動作環境です(CGIからの実行です)
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
Namazu2.0.17
WindowsServer2003R2
IIS6.0
//////////////////////////////////////////////////////////////////////


インデックス生成時や検索時にエラーが
発生し、warnlogが吐かれた場合、吐かれたwarnlogを
読み込んで、その内容を管理者にメールで通知したいと考えています。

インデックス生成時は問題ないのですが、Namazu.cgiから検索した際の
warnlogの生成で行き詰っています。

NamazuはCGIからの検索時に
"インデックスフォルダが存在しない"
または
"インデックスフォルダにアクセス権がない場合"
でも、その存在しない、もしくはアクセス権がない
フォルダの中にNMZ.warnlogを生成しようとします。

よって、Can't open NMZ.warnlogがブラウザに
表示されてしまいます。

今は再現できていませんが、前は何故か
Namazuを導入したサーバから上記のエラーを
発生させた場合のみに、Namazu.cgi.exeがある
フォルダの1つ上のフォルダにNMZ.warnlogが
生成され、エラー内容が記述されていました。
ただし、導入サーバ以外からの検索時にエラーが
起こった場合は同じようにCan't open NMZ.warnlogと
ブラウザに表示されます。

NMZ.warnlogの生成場所を変更することは
できないでしょうか



Namazu-win32-users-ja メーリングリストの案内