[Namazu-users-ja 1137] Re: 検索結果の表示用uriへの付加情報設定方法は?

Wサポート misato @ user.gn5.co.jp
2009年 1月 10日 (土) 18:30:27 JST


Wサポートです。
> > > Namazu 2.0.17 は使うべきではないので、Namazu 2.0.18 をご利用ください。
> > Namazu2.0.18のDebian用のdebができてくるのを待っているのですが、まだ無い
> > ようでUpgradeしないままになっています。
> 
> いかなる理由であっても、Namazu 2.0.18 以外の選択肢はありませんので、
> Namazu 2.0.18 をご利用ください。
早めにUpgradeします。

> > > namazu.cgi に検索語を単語分けして切り出す機能はありません。
> > 検索結果でReferenceにキーワードが分けて表示されているのでこの部分を使う
> > 方法がないかと考えたのですが、表示前にこの情報を変数等で扱う方法はないわ
> > けですね。残念。
> 
> 残念ながら変数として直接取り出す手段は今のところありません。
> 
> このため、
> <div class="namazu-result-header"> 以下に出力される Reference を
> javascript で取り出して利用するという方法もなくはないですが、
> スマートな方法でないことは確かです。
> # たぶん、query から切り出した方が良いでしょう。
トライしてみます。

> > 実はネット系のアプリケーションはまだ経験が無くこれから勉強なのですが、検
> > 索語をCGIに引き渡すには"query"を渡せばいいと考えて良いのでしょうか?
> 
> はい。ですが、もう少し説明すると、URI については ${uri} を使えば
> 良いのですが、query に関しては ${uri} に相当するものは今のところ
> ありません。
> このため、<input name="query"> の値を使うことになります。
> 
> もっとも、${query0} とかで、最初の検索語を取り出すように 
> namazu.cgi の方を改造するという方法ももちろんあるのですが、
> その場合はより一段とレベルが高くなりますので、ここでは CGI を使う
> 方法を紹介しています。
namazu.cgiを改造する様な力量はまだ持ち合わせていませんので下記の方法でやっ
てみます。

> 
> そのものずばりのCGIではありませんが、${uri} を CGI に引き渡して、
> CGI でリダイレクトする別目的の CGI がありますので、参考にして
> ください。
> 
> 「検索後、クリックしたリンクを調べる 」
> http://namazu.asablo.jp/blog/2006/03/21/297215
参考サイトの情報ありがとうございます。
こちらの情報を参考にして作成してみます。

ありがとうございました。

Wサポート



Namazu-users-ja メーリングリストの案内