[Namazu-users-ja 638] Re: Namazu 2.0.15RC3 公開 + 動作チェックに協力していただける方募集

Tadamasa Teranishi yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
2006年 1月 18日 (水) 05:34:54 JST


寺西です。

野宮 賢 / NOMIYA Masaru wrote:
> 
> 寺西さん> is not rfc822 format! のメッセージはそのままですが、
> 寺西さん> Day '0' out of range 1..31 at /usr/bin/mailutime line 178
> 寺西さん> のメッセージは消えると思います。
> 寺西さん> それなら、無限ループにならないということはありませんか?
> 
> はい、消えました。

無限ループにもならないのですね。

> ただ、解らないことがあります。
> つまり、件のメールのDate Field は、
...
> これを見ますと、やはり、Date Field は、RFC822 Format に修正した上で
> mailutime を実行した方が良いのかなぁ?、と思ったりしているのですが....?

えっと、ちょっと早とちりしていて、

 > まず、このメールは Date: フィールドが不正です。
 > そのため、Warining が出たのです。そのこと自体は正しい動作です。

というのは誤りです。

Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 -0000 (GMT)

の "(GMT)" という余計なものがついているので、不正で、そのたま
Warining が出たと思ったのですが、"(*)" はコメントなので記述
されていても何ら問題がありません。

そうではなくて、

>  > ・-0000 に関しては、ローカルタイムゾーンについての情報がないため、
>  >   未定とします。(-> これは fuzzy モードで処理される)
> 
> としましたので、trying fuzzy mode... になります。

という理由により、fuzzy mode で処理されます。
だから、

Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 +0000 (GMT)

は +0000 として処理されますが、

Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 -0000 (GMT)

は、fuzzy モードで処理され timezone は無視されるので、
日本環境で実行したのなら、
Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 +0900
とみなして処理されています。(ローカルの時間とみなします。)

> これを見ますと、やはり、Date Field は、RFC822 Format に修正した上で
> mailutime を実行した方が良いのかなぁ?、と思ったりしているのですが....?

Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 -0000 (GMT)
のコメント "(GMT)" から考えると、これは
Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 +0000
のつもりなのだろうとは想像できますが、あくまでもコメントから類推
しただけで、実際にどの時間をさしているのかは分かりません。

そのため、どう処理するのが正しいとは一概にはいえないのです。
mailutime では、先にしめしたような処理を行っているに過ぎません。

で、これが
Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 +0000
のつもりで、そう処理したいのなら、mailutime をカスタマイズして
使っていただくか、元メールの Date: フィールドを修正した上で、
mailutime を使っていただくかになるかと思います。
-- 
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI)  yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint =  474E 4D93 8E97 11F6 662D  8A42 17F5 52F4 10E7 D14E




Namazu-users-ja メーリングリストの案内