[Namazu-users-ja 626] Re: Namazu 2.0.15RC3 公開 + 動作チェックに協力していただける方募集

Tadamasa Teranishi yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
2006年 1月 16日 (月) 02:11:59 JST


寺西です。

野宮 賢 / NOMIYA Masaru wrote:
> 
> 本筋とはずれるとは思いますが、namazu-2.0.15RC3 に含まれる mailutime を使い
> ましたところ、

外れていません。make check 等は簡易な動作テストに過ぎず、それが通れば
OK というわけではありません。
実際に使っていただいて不具合を報告していただけるのは助かります。

mailutime は Namazu 2.0.15 から timezone 対応となりました。

> Warning! suse-en/18: [Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 -0000 (GMT)] is not rfc822 format!
>                                 trying fuzzy mode...
> Day '0' out of range 1..31 at /usr/bin/mailutime line 178
> 
> というWarningが表示されると共に、動作がここで止り、以降のメールに対して実行
> されませんでした。

動作が止まり、以降のメールに対して実行されないのであれば、どこかに
不具合があることになります。

> Date: Sun, 08 Jan 2006 14:19:44 -0000 (GMT)
> 
> となっていまして、このどこがまずいのかが解らずにいます。

まず、このメールは Date: フィールドが不正です。
そのため、Warining が出たのです。そのこと自体は正しい動作です。

次に "-0000" ですが、"-0000"はタイムゾーン不明を表すと規定されて
います。

http://www.namazu.org/ml/namazu-devel-ja/msg03568.html

 > ・-0000 に関しては、ローカルタイムゾーンについての情報がないため、
 >   未定とします。(-> これは fuzzy モードで処理される)

としましたので、trying fuzzy mode... になります。

後は、無限ループになるところを直す必要はありますが...。

> 因に、namazu-2.0.14 の mailutime では、問題無く実行されました。

Namazu 2.0.14 では timezone に対応していませんので、実際のところ
正しくは動作していません。

ちなみに mailutime は Namazu の動作に関しては、実行する必要は
なくなりました。
mailutime 相当の機能が Namazu 2.0.15 に組み込まれました。
-- 
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI)  yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint =  474E 4D93 8E97 11F6 662D  8A42 17F5 52F4 10E7 D14E




Namazu-users-ja メーリングリストの案内