[Namazu-users-ja 420] Re: インデックス作成に時間がかかった場合の暫定対処について

nakashima-k nakashima-k @ nttd-fr.com
2005年 6月 9日 (木) 12:31:49 JST


中島です。
寺西様コメントありがとうございます。

> 別に本格対処するとは言ってませんが...。何を根拠に?
> 直したいとは思いますが、デバッグを協力していただける人がいないとそりゃ
> 現状維持ですよ。
> 多少手を加えていますが、現在の stable-2-0 の中身がそのまま 2.0.15 に
> なるでしょう。
>  
これは無責任な書き方をしてしまい、失礼しました。
この事象について、私なりに気づいた部分があればメールしたいと思います。
(PerlもCもNamazuも一行一行読み読みしてる程度なので・・・)


> よくわかりませんが、ファイルが壊れていて処理に時間がかかる時には
> 有効ですが、xlhtml や wvWare の処理時間がかかるものをはじいたから
> といって、Excel の問題は解決しないはずですが。
> ま、xlhtml の処理にある程度時間がかかるものは、爆発的に html 処理で
> 時間がかかるので、そこから類推して xlhtml の処理時間で中断を判断する
> ということなのでしょうけど...。何か違うような。

成る程。おっしゃるとおりですね。
ただ、更新/登録が頻繁にあり、影響を最小限にする為今回の対処を考えました。
あと「[Namazu-users-ja 268] Re: Out of Memory」で教えていただいた、
$tmpfileのサイズを$TEXT_SIZE_MAXではじく対処を入れていたので、$tmpfileを
作る処理にタイマーを仕掛けてみました。
が、やっぱりなんだかなという感じですよね・・・


> また、ファイルが壊れている場合でも、各コマンドの処理時間がかかるだけ
> かというと、壊れ方によってはそうでもないので、ファイルが壊れている
> 場合のうち、各コマンドの処理に時間がかかる場合という限定された条件下
> でのみ有効でしょう。(それでも、便利かな?)
> 各コマンドの処理以外のところで時間がかかる場合には、やはり無効かと
> 思います。

成る程。。。
もっとソースをしっかり勉強します。

ありがとうございました。




Namazu-users-ja メーリングリストの案内