[Namazu-users-ja 218] Re: mknmz がセグメンテーション違反で落ちる

有馬 章悟 arima @ masol.mei.co.jp
2005年 1月 26日 (水) 19:14:06 JST


回答ありがとうございました。

Perl-5.8.6を導入し、namazu-2.0.14を再Makeしたところ、
mknmzが正常終了しました。その後、コアダンプしていた文書も
ヒットするようになりました。
いろいろ助けていただいて、ありがとうございました。

>ここは
>(gdb) run /usr/local/bin/mknmz -a --media-type=text/plain /usr/local/
>namazu_gw_data/dfs/GDOCS -O /usr/local/namazu_gw_data/d
>
>ではないでしょうか。
>
すみません。基本的なミスですね。。

>>
>> また、mknmzがコアダンプするに伴って、以前検索にヒットしていた
>> 文書がヒットしなくなりました。
>> コアを吐く文書は削除したあとに、mknmzを実行し、正常終了、
>> NMZ.*も更新されています。
>> nknmzがコアダンプで異常終了した場合は、インデックスの再作成を
>> 行う必要があるのでしょうか?
>>
>mknmzが正常終了しなかった場合に残ったインデックスは捨てて
>再作成をしたほうがよいと思います。
>
上記のとおりにしたところ、問題なく動作しました。
ありがとうございました。

以上です。



Namazu-users-ja メーリングリストの案内