[Namazu-devel-ja 130] Re: Win98 での pltest Re: utf8index-branch

Yukio USUDA usuda @ hsba.go.jp
2004年 9月 7日 (火) 12:49:43 JST


臼田です

Tadamasa Teranishi wrote:
> 
> --checkpoint も複数回に分けて作成する方法ですので、分割方法の
> 違いによるメリットには何があるのでしょう。
> -- 
http://www.namazu.org/ml/namazu-dev/msg01082.html
http://www.namazu.org/ml/namazu-dev/msg01730.html
O(n^2) が O(n * log n) となって処理時間がかなり違うのではという
過去の記事をなんとなく記憶していた程度で index 作成の負荷が
規模に応じてどの程度変化していくのかは調べていません。

結果的に分割処理をしてもあまりよくならないという
結論だったのかもしれません。


そういえば
$ON_MEMORY_MAX には実メモリに対してどの程度の数値を指定するのが
妥当なのかといった
mknmzrc、namazurc の設定事例についてのドキュメントってないですね。

臼田幸生




Namazu-devel-ja メーリングリストの案内