[Namazu-devel-ja 121] Re: フィルタ動作確認用スクリプト

Tadamasa Teranishi yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
2004年 9月 6日 (月) 20:54:23 JST


寺西です。

Yukio USUDA wrote:
> 
> Tadamasa Teranishi wrote:
> >
> > totext, nmzgrep2 共、フィルタ処理が走るので、少々処理に時間がかかる
> > ことと、カレントディレクトリにテンポラリファイルを作成/削除する
> > ことが注意点になるかと思うので、そのことをきちんと理解して使って
> > もらう必要はありますが、とても有用なコマンドだと思います。
> >
> mknmz のフィルタの仕組みをそのまま使っているためなのですが、
> カレントディレクトリでテンポラリファイルを作成/削除するという点は
> 問題があります。

「少々処理に時間がかかることと、カレントディレクトリにテンポラリ
ファイルを作成/削除すること」を断り書きして、注意を呼びかけるだけ
で良いとは思います。(カレントディレクトリに書き込み許可が必要に
なるとか)

> totext, nmzgrep2 の動作時に $var::OUTPUT_DIR に安全な場所を指定する
> ように直せばよいかもしれません。どこを指定すればよいですかね。

明示的に指定するか、環境変数 TMP を使うというのが自然かとは
思います。ただ、同時に複数(mknmz を含めて)走らせたりすると、衝突
する恐れがありますので、厄介ですね。

また、mknmz と各種設定が常に共通となるので、-f オプションで
mknmz とは別の設定が可能なようになっていた方が良いかとは思います。
(今すぐ必要ではありませんが。) 

> > 将来的には mknmz もこの document.pl を呼び出すような形になるという
> > ことですね。
> >
> そのつもりで作業をしていましたが、
> ・オブジェクト型にして扱おうとしている今の形がよいのか
> ・mknmz のモジュール呼び出し順序がややこしく、起動時オプション
>  でフィルタディレクトリの指定できるようにできるか
> といったところで行き詰まっているところです。
> すぐに置き換えるのは難しそうです。

そうですか。できるだけ同じようなサブルーチンが点在するのは避けたい
ので、うまく整理できるといいですね。

> > Namazu とは別のちょっとした検索エンジンを作成し、
> > totext を外部コマンドとして利用すれば、Namazu 以外のインデクサを
> > 作ることに利用できたりして、面白そうです。
> >
> これは思いつかなかったですが、他の検索エンジンにも簡単に流用できると
> よいですね。
> ただ、今の形だと mknmz が動く環境ができていないと使えないので。。。

まぁ Perl が必要なだけで(特に Windows 環境では)敷居が高いですが、
パッケージで入れて利用するという使い方なら、それなりに使えるような
気はしています。

他にも Namazu の全く新しいインデックス形式の試作とかには使えるで
しょう。(フィルタ部分の開発と作業が分けられる!?)

> もともと namazu.cgi の結果から呼び出して検索語のハイライトなど適切なタグを
> 加えて表示するのに使えれば良いなと考えて作業をはじめました。
> ブラウザが対応していないファイルの中身の表示にも使えますし。
> (まだ構想のみですが)

面白そうです。

> nmzegrep の 'e' は extract ですか?
> 中で egrep も使っているし nmzegrep にします。

特に深く考えているわけではないです。いいのも思いつきませんし。
-- 
=====================================================================
寺西 忠勝(TADAMASA TERANISHI)  yw3t-trns @ asahi-net.or.jp
http://www.asahi-net.or.jp/~yw3t-trns/index.htm
Key fingerprint =  474E 4D93 8E97 11F6 662D  8A42 17F5 52F4 10E7 D14E




Namazu-devel-ja メーリングリストの案内