[Namazu-devel-ja 116] tests/ja-namazu-1

Yukio USUDA m6694ha392t @ asahi-net.or.jp
2004年 9月 5日 (日) 18:35:30 JST


臼田です

mknmz-12 の話題が出たので、気になっているテスト ja-namazu-1 について

http://www.namazu.org/ml/namazu-devel-ja/msg02778.html
で発見されたバグが修正されたことを確認するテストスクリプトだと
思うのですが

ja-mknmz-1 で作成した「関数追加」という文を含む文書の検索を試すテスト
のはずなのですが、なぜか tests/ja-idx1 ではなく tests/idx1 を検索対象
にしています。でもテストは FAIL にならず OK になっています。
出力結果に'[ : 0 ]'という文字列が出たら失敗という判定になっているの
ですが、検索文字列が全くない場合の出力は下記のようになり、'[ : 0 ]'
が含まれないためテストを通過してしまっています。

$ ../src/namazu '{関数 追加}' ../tests/idx1
検索結果

参考ヒット数:  {  [ 関: 0 ]  [ 数: 0 ]  [ 追: 0 ]  [ 加: 0 ]  :: 0 } 

検索式にマッチする文書はありませんでした。


成功した場合は下記のとおり

$ ../src/namazu '{関数 追加}' ../tests/ja-idx1
検索結果

参考ヒット数:  {  [ 関数: 1 ]  [ 追加: 1 ]  :: 1 } 

検索式にマッチする 1 個の文書が見つかりました。


出力結果の判定に'[ : 0 ]'ではなく': 0 ]'を使って
下記のようにしてはどうかと思いますが、これでも元のテストの趣旨に
あうでしょうか?

$ diff -u ja-namazu-1.org ja-namazu-1
--- ja-namazu-1.org     2004-09-05 17:50:41.000000000 +0900
+++ ja-namazu-1 2004-09-05 17:51:03.000000000 +0900
@@ -36,7 +36,7 @@
 
 # Check Jaapanese phrease searching.
 cd ../src
-./namazu '{関数 追加}' ../tests/idx1 | fgrep '[ : 0 ]'
+./namazu '{関数 追加}' ../tests/ja-idx1 | fgrep ': 0 ]'
 test $? -ne 0 && exit 0
 
 exit 1


臼田幸生




Namazu-devel-ja メーリングリストの案内