<html>
  <head>

    <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=UTF-8">
  </head>
  <body text="#000000" bgcolor="#FFFFFF">
    三浦です<br>
    <br>
    PythonとJavascriptの派生KAKASIライブラリに貢献していたりします。<br>
    <br>
    (2014年04月05日 02時57分55秒), Tadamasa Teranishi wrote:<br>
    <blockquote type="cite"><br>
      寺西です。<br>
      <br>
      # 前々からちょっと変じゃないかなとは思っていたのですが。<br>
    </blockquote>
    <br>
    <blockquote type="cite"><br>
      英米規格ヘボン式オプションの追加はいいとして、<br>
      デフォルトの方は何方式かというと、いろいろ混合したもののようで<br>
      全部がパスポートのヘボン式になっているということでもないようです。<br>
      <br>
    </blockquote>
    <br>
    外部仕様の一貫性の問題という事ですね。<br>
    いわばKAKASI式でしょうか。<br>
    <br>
    様々な仕様が世の中に存在するときは、入れ替え可能にできる<br>
    仕様が望ましいですが、現状、内部仕様は、<br>
    変換テーブル式とロジック式がまざった仕様に、なっていて<br>
    困難ですね。<br>
    <br>
    <blockquote type="cite"><br>
      また、日本語(仮名書き)のローマ字表記を定めた国際規格として<br>
      ISO 3602 で規格化されているのは訓令式のようですね。<br>
      KAKASI の訓令式の方はこちらと完全に一致しているでしょうか?<br>
      (すみません。未確認です)<br>
      # 訓令式なので、ここに「ティ」は含まれないようですが。<br>
      <br>
      ISO 3602 をヘボン式に改正という動きもあるようで頭いたいです<br>
      けど...。<br>
    </blockquote>
    <br>
    パスポートのヘボン式が、<b>Modified Hepburn System</b> (<i>Hebon-shiki</i>)<br>
    として認知されていて、Unicode標準ではこちらを既定として参照しているようです<br>
    <br>
    どうでしょう、<br>
    <br>
    1.KAKASI互換訓令式<br>
    2.KAKASI互換ヘボン式<br>
    3.訓令式およびISO3602式<br>
    4.ヘボン式(Modified Hepburn System)<br>
    をスイッチ実装しては?<br>
    <br>
    ISo3602改定時は、改定されたISO番号(例:ISO3602-2)のスイッチを<br>
    追加して、それをヘボン式にマップすると、どうでしょう。<br>
    <br>
    現状のKAKASIを調査して修整しても困難と思い、、後方互換として<br>
    残して、今後のバージョンで、既定をどれにする?という議論がいい気がします。<br>
    <br>
    わたしの意見は、上記4を既定にすることです<br>
    <br>
    *UNのレポート <a class="moz-txt-link-freetext" href="http://www.eki.ee/wgrs/rom2_ja.htm">http://www.eki.ee/wgrs/rom2_ja.htm</a><br>
    *Unicode <a class="moz-txt-link-freetext" href="http://cldr.unicode.org/index/cldr-spec/transliteration">http://cldr.unicode.org/index/cldr-spec/transliteration</a>-
    guidelines<br>
    <br>
    <br>
    三浦<br>
    <br>
  </body>
</html>